レンタカーでのチャイルドシートについて
全国のレンタカー比較と予約はレンタカードットコム!

  1. 格安レンタカー比較 トップページ
  2. レンタカーでのチャイルドシートについて

目次

1.チャイルドシートのレンタルは必須?

そもそも、チャイルドシートは必要なのでしょうか?ずばりその答えは、イエスです。
道路交通法によって、6歳未満の幼児を乗車させる場合のチャイルドシートの使用は、運転者に義務づけられています!(道交法第71条の3第4項)
つまり、6歳未満 のお子様連れのお客様の場合、チャイルドシートの利用は選択ではなく、義務なのです!違反した場合、罰金は発生しませんが、違反点数が1点追加されます。
よって、チャイルドシートのご予約無し、ご自身でのご用意も無しの場合、レンタカーを利用することはできません。

2.チャイルドシートの種類

お子さんにあったシートがどれなのかわからないという方のために、以下に対象年齢など、一覧でご紹介いたします。
※あくまでも、目安としてご利用下さい。

ベビーシート チャイルドシート ジュニアシート
ベビーシート画像 チャイルドシート画像 チャイルドシート画像
体重:13kgまで 体重:9kg - 15kg 体重:36kg
身長:60cmまで 身長:65cm - 100cm 身長:138cm
年齢 :9ヶ月 年齢:9ヶ月- 4歳 年齢:4歳以上

3.チャイルドシートレンタル費用

チャイルドシートのレンタル費用はレンタカー会社によって異なります。
以下に例として、当サイト上の3社の費用を紹介いたします。
※料金はあくまでも当サイト上での金額です。

日産レンタカー 540円/1日当たり(上限1,080円)
ニッポンレンタカー 540円/1日当たり(上限1,081円)
タイムズレンタカー ベビーシート 1,080円/1回貸出当たり
チャイルドシート
ジュニアシート 540円/1回貸出当たり

4.よくある質問

助手席にチャイルドシートの装着はできますか?

法律上で、チャイルドシートの設置位置については規定がありませんので、助手席にチャイルドシートを装着しても法律違反とはなりません。

しかし、以下の理由からオススメいたしません!

  • 事故発生時の致死率が、後部座席に比べて高い。
  • 運転中に子供が気になってしまい、わき見運転をしてしまう可能性がある。
  • 助手席のエアバッグはチャイルドシートを設置する事を想定して作られていないため、エアバックが開いた際の衝撃で、子供が座面に強打してしまう可能性がある。

つまり、法律上問題はありませんが、大変危険ですので、チャイルドシートは後部座席に設置するようにしましょう。

シートの設置はレンタカー会社がしてくれるのでしょうか?

チャイルドシートの設置は利用者の安全が関わる部分となるため、利用者様ご自身での装着が必要です。

付け方がわからない場合は、レンタカー会社のスタッフが手伝ってくれますが、最終の安全の確認は必ず利用者様が行うこととなります。

1台当たり何台まで取り付けができるのでしょうか?

以下に例として、設置可能位置を紹介いたします。あくまでも目安としてお使い下さい。

◯= 設置可能

☓= 設置不可能

△= 助手席のためオススメしない

軽自動車・乗用車4,5名定員(例:フィット等)

  • 軽自動車・乗用車4名定員のチャイルドシー設置可能場所
  • 軽自動車・乗用車5名定員のチャイルドシート設置可能場所

ミニバン・ワゴン車7,8名定員(例:ウィッシュ等)

  • ミニバン・ワゴン車7名定員のチャイルドシート設置可能場所
  • ミニバン・ワゴン車8名定員のチャイルドシート設置可能場所

※実際の取り付け可能台数はご利用のお車によって異なりますので、ご利用のレンタカー会社にお問い合わせ下さい。

いかがでしたでしょうか。
お子様の安全面に配慮して、安心快適なドライブをお楽しみ下さい!♪

予約・検索はコチラ