沖縄

主要空港から探す

レンタカー会社から探す

沖縄のレンタカー情報

迷わないで済みます!那覇空港でレンタカーを借りるまでの流れをご紹介!

初めて那覇空港に到着したお客様は要チェック!
新千歳空港など多くの空港には、建物内に各レンタカー会社のカウンターが用意されており、わかりやすくなっていますが、那覇空港内にレンタカーカウンターはございません。

上記の表ですと、AとBが到着口となりますので、水槽横の出口から空港の外に出て下さい。 外にでて左に進むと、すぐに横断歩道があります。 信号はありませんので、車に気をつけながら、横断歩道を渡ると、色々なレンタカー会社の送迎乗り場がございます。 どのレンタカー会社というのは、旗がでておりますのでお客様ご自身で確認いただき、近くにいるスタッフにお声掛け下さい。 こちらから各レンタカー会社の営業所まで送迎バスに乗って御移動いただき、手続き完了後レンタカーの貸し出しとなります。

  • 到着口

  • 那覇空港出口からでるとすぐに上記写真のような道路が見えます。

  • 信号はありませんので気を付けてお渡りください。

  • ご予約されたレンタカー会社の看板に向かい、お近くのスタッフにお声掛け下さい。
    送迎バスで移動後、営業所にて貸出となります。

沖縄ドライブでよくある質問

スムーズに借りることができるレンタカー会社を探しています。オススメのレンタカー会社を教えて下さい。

混雑が予想されるご旅行ピークの日程は、送迎バスに乗らず直接店舗に向かうと、比較的スムーズ

GWやお盆など観光客が多い時期は、どのレンタカー会社も、混雑していて長いときには空港送迎場所で小一時間お待ちいただくケースがあります。

理由としては、
①空港付近の道路が渋滞になりやすい。
②送迎バスの乗車定員に限りがあるので、一度で送迎できる人数に限界がある。
③営業所へ送迎後1組ずつ免責補償など貸出の説明を受けないといけない。などなど。
そういった混雑が予想されるご旅行ピークの日程は、送迎バスに乗らず直接店舗に向かうと、比較的スムーズに貸出しできます。
パラダイスレンタカーでは、那覇空港からゆいレールで約5分(2駅)、小録駅到着後は直結しているイオン那覇の5Fに店舗を構えており、台数も限定していますので、ご予約できたお客様はスムーズに貸出しできます。
ご旅行計画の際、移動時間に予め30分から1時間はレンタカー貸出しの時間が必要になるご計画を立て、慌てず落ち着いて沖縄ドライブを楽しみましょう。

沖縄でガソリン満タン返し不要プランを見かけましたが、実際どれくらいお得かわかりません。3日間利用でガソリンを満タンに入れて返却する時、おいくらくらいかかりますか。

通常の5名乗りの乗用車であれば、返却の際にガソリンを1度給油する程度でドライブできます。

沖縄は南から北までドライブしたとしても、だいたい3~4時間程の距離になりますので、ご旅行中に何度も給油することはあまりございません。
満タンに入れる時は5名乗りのコンパクトカーで約5,000円かかりますので、ガソリン満タン返しプランをお選びする基準としてください。

学生であまり運転に慣れていません。沖縄での運転は問題ないでしょうか。

美ら海水族館などの人気スポット、恩納村などのリゾート地になると道も広く、車もあまり混雑することもないので運転は比較的楽

那覇空港付近、国際通りなど、那覇市内はかなり混雑していますが、美ら海水族館などの人気スポット、恩納村などのリゾート地になると道も広く、車もあまり混雑することもないので運転は比較的楽です。
ただしそういった道でも夜は光が少ないので、油断せず安全運転を心がけましょう。

離島にレンタカーをフェリーで持っていってもいいでしょうか。

基本的に離島へレンタカーを持ち出すことを禁止しております。

フェリーで離島に移動する際はレンタカーはおいてご出発下さい。

乗り捨ては可能ですか。 (例…本土から沖縄への到着は那覇空港。その後は石垣島へ移動し、沖縄本島に戻らず石垣空港から本土へ帰宅など)

一部のレンタカープランでご利用可能です。

乗り捨て可能区間は、レンタカー会社およびレンタカープランによって異なります。
沖縄本島内だけでなく、石垣島・宮古島といった沖縄の離島と本島との間で乗り捨てが可能なプランもあります。

那覇市内のモノレール「ゆいレール」以外に電車が通っていない沖縄では、バスと車が主力の交通手段。 レンタカーで移動してから元の場所へ戻るのには時間を要します。
このため、複数のレンタカーブランドで乗り捨てレンタカープランをご用意しています。ただし、すべてのレンタカープランではございません。

ご検討中のレンタカーが乗り捨て可能かどうかは、レンタカー予約画面の中でご確認いただけます。
レンタカー予約画面では、返却先店舗を選択できる欄が表示されます。(送迎ご希望の方向け、到着時間や飛行機の便名ご記入欄の一段上)
こちらで、レンタカーの返却先店舗が貸出元の店舗以外の複数の中から選択可能であれば、レンタカーの乗り捨て利用が可能です。

なお、乗り捨てご利用時は乗り捨て料金がレンタカー利用料金に加算される場合がございます。上記の通り返却先レンタカー店舗を選ぶと、その選択欄下に「乗捨料金」として赤文字で金額が表示されます。
(離島での乗り捨て、もしくは離島で借りて沖縄本島で返却の場合、乗り捨て料金が高額となる可能性もあります。必ずご確認くださいませ)

貸出場所となるレンタカー店舗しか選べない場合は、乗り捨て利用不可のレンタカープランとなります。

沖縄・那覇空港に到着する飛行機が、レンタカーの予約時点では分かりません。レンタカー予約画面の便名入力欄にはどう入力したらよいですか。

便名欄には、「未定」とご記入ください。レンタカー会社では、レンタカープランを検索した際に入力いただいた、貸出時間をもとに車両をご用意しています。

もし沖縄到着便の時間が、この貸出時間と大きく異なる便に決定された場合、マイページより必ずご連絡ください。
(※早朝・深夜の場合、営業時間外となる可能性があります) また、レンタカー会社によっては、沖縄到着便の確認のご連絡をあらかじめ差し上げるケースもございます。その際は、お分かりになっている範囲で結構ですので、ぜひご予定をお教えいただければ幸いです。

沖縄をレンタカーでドライブするに当たって、注意した方がよいことは。

「早めに給油するのがベター」「渋滞がよく発生していた!とくに通勤時間帯(7:00~9:00、16:00~19:00)の那覇市内」など。

沖縄をドライブしたレンタカーユーザーからはこのようなアドバイス・体験談がありました。

「早めに給油するのがベター」

◆沖縄本島は、南北に長い形をしており、那覇から北部へ移動するとけっこう時間がかかります(一例として、沖縄・那覇空港から北部の「沖縄美ら海水族館」へはレンタカーで約2時間)。
その途中では、ガソリンスタンドを見つけるにも時間がかかってしまう、というケースが。沖縄本島内、かつ那覇市内ではあまり問題がありませんが、余裕を持って給油しておきましょう。

「渋滞がよく発生していた!とくに通勤時間帯(7:00~9:00、16:00~19:00)の那覇市内」

◆車が主な交通手段である沖縄。那覇市内で働く人の中には、沖縄本島の中部・北部から車通勤という方が非常に多くいらっしゃいます。
このため、「北部で観光して、夕方に那覇空港へ戻ろうとしたら、渋滞で飛行機に乗り遅れた!」なんて事態も発生しかねません。レンタカーの返却予定時刻を含め、スケジュールには余裕をもってお過ごしください。
沖縄・那覇空港周辺の店舗へレンタカーを返し、そのまま空港から帰る場合、フライト2時間前には返却するつもりで予定を組むのがお勧め。

渋滞なくレンタカー店舗に着いても、返却が順番待ちをしていたり、レンタカー店舗から沖縄那覇空港への送迎バスがすぐには出発しなかったりと、思わぬ時間ロスはよくあることです。
那覇空港では、お土産店が非常に充実しており、早めについても時間つぶしは充分可能。気持ちよく、余裕をもって沖縄の旅を締めくくりましょう。

「島と島をつなぐ大橋があり、海の上を気持ちよくレンタカードライブ!

◆気づいたら、スピード出し過ぎ。違反切符をきられてしまった」
◆絶景ドライプが楽しめる沖縄。夏はもちろん、一年を通して多くの沖縄ファンが訪れます。そんなレンタカーユーザーに多いのが、いつの間にやらのスピードの出し過ぎ。景色の美しさに夢中になる前に、法定速度をご確認ください。

「交通規制が意外と多かった」

◆沖縄ならではの交通規制のケースもあります。
たとえば「バスレーン」。これは渋滞緩和のため、二輪車、指定車両および許可車両のみが通行できる車線を指します。ここでは、レンタカーを含む一般車両は通行禁止となります。 終日実施ではなく、平日の朝と夕方、2時間ずつ実施されています。

もう少し沖縄ならではの規制があるのは、沖縄一の繁華街「国際通り」。
ここでは毎週日曜日、12:00~18:00の間、歩行者天国になります(トランジットモール)。この間、一般車両は通行禁止になり、歩行者優先に。範囲内に駐車しておくと、18:00を過ぎるまで出庫できないということも。
観光する場合は、少し離れたところに駐車し、徒歩で観光をお楽しみください。
なお、時間内は大道芸などの催しも。レンタカーから降りて、休日の昼下がりの盛り上がりをお楽しみください。

もっと沖縄ならではなのが、「不発弾処理」。
沖縄では、現在でも戦時中の不発弾が地中深くに眠っており、年に何度か発見・処理されています。
実際に爆発など危害が及ぶケースはめったにないものの、慎重を期して、交通規制や立ち入り禁止エリア設定が実施されることも。朝から夕方過ぎまでかかるケースが多いため、やはりここでも時間には余裕を持って予定をたてたほうがよいでしょう。

参考…「沖縄県那覇市ホームページ>不発弾処理情報」

沖縄のホテルの駐車場事情はどのようになっているのでしょうか

沖縄のホテルのうち、リゾート地にある大型ホテルは、ほとんどで充分な駐車スペースが用意されています。

レンタカーで旅するときに、気になるのが駐車場。沖縄のホテルのうち、リゾート地にある大型ホテルは、ほとんどで充分な駐車スペースが用意されています。
内地からの旅行者が多く宿泊するこれら沖縄のリゾートホテルには、レンタカーがずらりと並んでいることが珍しくありません。
そのほとんどが無料ですが、中には駐車料金が必要なところも。念のため、ホテルに問い合わせたり、パンフレットを確認したりするのがお勧めです。

沖縄県内でも、那覇市内は少し事情が異なります。
沖縄の中心街にあたることから、駐車可能な台数が充分でないホテル、あるいは近隣に提携駐車場をもつホテルもあります。
また、駐車料金が必要なホテルもあり、その場合は1日1台あたり500円~1000円程度のケースが多い模様。
これらの那覇市内ホテルの場合、スペースに限りがあるため、あらかじめ駐車可能か問い合わせておくと安心です。

また、レンタカーの旅は道に迷いやすいもの。
カーナビでは、ホテルの位置は分かっても、駐車場の入口が分からない……なんてことも。不安がある場合は、こちらもあわせて確認しておきましょう。
せっかくの沖縄、せっかくのレンタカーの旅。事前に準備しておけば、レンタカーに乗ってスグ、楽しい沖縄旅の始まりです!

レンタカーで行くからこそオススメの観光スポット

旭山動物園 (旭川市)

動物たちがのびのび・生き生きした姿を楽しむことができる、日本で人気NO.1の動物園

日本最北の動物園ならではのヒグマ・エゾシカ・キタキツネなどの動物はもちろん、寒冷地に生息しているホッキョクグマやペンギンも人気です!
それぞれの動物が本来持つ特性や特徴的な動きなどをありのままの姿を見せることができるように「行動展示」を重視しています。
冬の季節に名物の「ペンギンの散歩」やよく旭山動物園の写真のイメージで使用される「あざらし館」・「ほっきょくぐま館」、さらに動物がエサを食べる姿を見ることができる「もぐもぐタイム」など、動物たちがのびのび・生き生きした姿を楽しむことができることが旭山動物園の最大の魅力です。

レンタカーで行くオススメポイント!

動物たちがのびのび・生き生きした姿を楽しむことができる、日本で人気NO.1の動物園

日本で人気NO.1といっても過言ではない旭山動物園にも弱点が。。。それはアクセス面です。
旭川に滞在していれば旭川駅前からバスがでておりますが、北海道で最大都市である札幌に滞在していると一旦旭川駅まで向かい、その後バスに乗り換えなければいく事ができず、移動時間に時間も労力も使ってしまいます。
札幌市内からバスツアーもたくさんでていますが、そうすると時間も制限されてしまいますし、自由な時間を過ごすことができません。
また夏の北海道ではラベンダーで有名な富良野と併せて旭山動物園にも行きたいお客様も多いはず。 そうするととてもじゃないですが電車移動は不便です。そこでレンタカーの出番です! 以下周辺地域から旭山動物園までの所要時間と距離の一覧表です。

  • 旭川駅から・・・距離約11キロ・所要時間約30分
  • 旭川空港から・・・距離約15キロ・所要時間約30分
  • 富良野・・・距離約57キロ・所要時間約1時間15分
  • 札幌・・・距離約150キロ・所要時間約2時間
  • 新千歳空港・・・距離約190キロ・所要時間約2時間20分

北海道に行ったなら一度は行ってみたい旭山動物園。
限られた旅行期間の中で充実したプランで楽しみたいのであれば、レンタカー移動で大自然の中爽快にドライブをしながら向かうことを強くオススメいたします!